CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Twitter
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
災害地支援リンク
随時災害地に併せ募金先をリンクします 随時災害地に併せ募金先をリンクします かせするもん。 by 支援P
Search this site


ストーブリーグとフラッグディール以外、稼動しない偏ったBlogですよ(・∀・)
<< 移籍情報(2017/12/16-21) | TOP | 移籍情報(2018/1/1-15) >>
移籍情報(2017/12/22-31)
このオフはホントに動きが鈍いなぁ。

FA移籍
12/31
ウェイド・デービス投手(カブス→ロッキーズ)
此処数年、圧巻の投球を続けるリリーバー、デービスがCOLへ3年契約で移籍。此処数年、速球派のリリーフを集める事でクワーズに適用しようとするチーム編成を行ってきたCOLのチーム方針に沿う契約と言えよう。だた、KC時代ほどの迫力がなくなって来ている事を考えるとやや不安も。

12/26
C・C・サバシア投手(ヤンキース[再契約])
主戦投手としては多くは望めないものの技巧派にへの転身成功したサバシアがNYYと再契約。アルコール中毒を克服した経験とダックハウスでの振舞いと言う「成績に現れない」影響力もある。懸念されるのは、やはり怪我等の体調面だが、恐らく首脳陣も有る程度織り込み済みだろう。28試合程度先発してくれれば十分に戦力になる。

ジャレッド・ヒューズ投手(ブリュワーズ→レッズ)
ミドルリリーフとして毎年安定した成績を残してきたヒューズがCINへ。17年、PITからより打者有利なMILに移籍するも防御率はほぼ変わらす、WHIPを良化させている。

ザック・デューク投手(カーディナルス→ツインズ)
TJ手術から驚異の回復をみせたデュークがMINへ移籍。防御率こそ4点台に近いがWHIPは一点台だった16年故障前よりも良好など、衰えは見られない。左のセットアップ候補でもある。

12/23
ヨンダー・アロンソ一塁手(マリナーズ→インディアンス)
サンタナ(→PHI)が抜けたCLEが昨年本塁打を増加させたアロンソを獲得。昨年の活躍がフロックか如何か今季の成績が問われる所。守備は元々捕手で不安のあったサンタナに比べれば、名手に近く安定感は増す。

12/22
平野佳寿投手(オリックス→ダイヤモンドバックス)
オリックスの抑えのエース・平野がARIへ。空位となって居るクローザーの座を狙う存在として期待される。チームとしては16年に阪神からSTLへ移籍して活躍した呉(FA)のような活躍を期待している筈だ。

マット・アダムス一塁手(ブレーブス→ナショナルズ)
昨年途中STL→ATLへ移籍し、主砲・フリーマンの穴を埋めたアダムスがWASへ移籍。一塁には主砲格ジマーマンが居るが、毎年故障と隣り合わせで強力なバックアップは不可欠。昨年一塁のバックアップに交流戦のDHにと活躍したリンド(FA)の後釜としては十分。
posted by 明日、いかりや。 | 11:28 | MLB | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 11:28 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ikariyayakyuu.jugem.jp/trackback/455
トラックバック