CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Twitter
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
東北復興支援リンク
旅*東北 ? 東北観光ポータル 「つながる東北」復興支援ネットショップ Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
Search this site


ストーブリーグとフラッグディール以外、稼動しない偏ったBlogですよ(・∀・)
<< フラッグディール移籍情報(7/30ー31) | TOP |
移籍情報(8/1-8/31)
フラッグディール後、ウェーバー経由でのトレードで行わる、ポストシーズン出場権デットラインの8/31までの主なトレード等。

8/31
ジャスティン・バーランダー投手(タイガース)
 ↑↓
mフランクリン・ペレス投手、mジェイク・ロジャース捕手、mダズ・キャメロン外野手、後日発表選手(アストロズ)
サイヤング賞受賞歴も有る生え抜きのエース、バーランダーをDETが放出。下記するアップトン放出を伴っていよいよ完全再建モードに突入したと言っていいだろう。また、地区優勝、そしてその先を考えるHOUとすれば、これ以上ない右の柱の加入となる。
代わりにDET側はHOUのプロスペクト5位でまだ19歳のペレス、一昨年のドラフト1位(全体37巡目)、嘗ての名外野手マイク・キャメロンを父に持つダズ・キャメロン、更に昨年のD3位、捕手ながら今シーズンA級とA+級で18本塁打を放ったロジャースに後日発表選手を加える事となり、マイナー層は厚くなったと言える。

ジャスティン・アップトン外野手(タイガース)
 ↑↓
mグレイソン・ロング+金銭+後日検討(エンジェルス)
DETが走好守揃った外野手であるアップトンをLAAへ放出。ワイルドカードでの、久々となるポストシーズンを狙うチームが孤軍奮闘するトラウトの援護砲として獲得。

ブランドン・フィリップス二塁手(ブレーブス)
 ↑↓
トニー・サンチェス捕手(エンジェルス)
上記に同じく。ケンドリック放出後、二塁手を固定しきれていなかっただけに、好守に秀でたベテランの加入は大きい。シモンズとのコンビネーションも見もの。


マイク・リーク投手+後日検討(カーディナルス)
 ↑↓
mレイダー・アセンシオ遊撃手(マリナーズ)
LAA同様、僅かに残るポストシーズンの可能性に掛けて、SEAがSTLから先発右腕のリークを獲得。エースのヘルナンデス等を欠くチームとすれば、十分に頼りになる先発投手。

レオニス・マーティン外野手(マリナーズ)
 ↑↓
後日発表選手or金銭(カブス)
外野のバックアップとしてかなと。

ミゲル・ゴンザレス投手(ホワイトソックス)
 ↑↓
mティクアン・フォーブス内野手(レンジャース)
先発のコマ不足が深刻なTEXがCWSからゴンザレスを獲得。先発投手としては、エース格では無いものの、下位ローテではそれなり。

エリック・クラッツ捕手(インディアンス)
 ↑↓
金銭(ヤンキース)
DETとの乱闘で正捕手(サンチェス)と二番手捕手(ロマイン)に御咎めが出た為(意義は申し立ててますけど、サンチェスは出場停止呑んでたなぁ)、そのバックアップ要員としてと思われます。

8/23
ラジャイ・デービス外野手(オリオールズ)
 ↑↓
mラファエル・リンコーンズ外野手(レッドソックス)
地区優勝を狙うBOSが外野のバックアップとして去年の盗塁王を獲得

8/22
トム・コーラー投手+金銭(マーリンズ)
 ↑↓
mオスマン・グティエレス投手(ブルージェイス)
昨年まで3年連続で175イニング以上を投げていた先発右腕のコーラーがTORへ。今季僅か1勝の右腕だが、TORの投手陣不足を考えると、十分に活躍の場はあるかと。

8/19
カーティス・グランダーソン外野手(メッツ)
 ↑↓
後日発表選手[ジェイコブ・ラム投手](ドジャース)
NYM移籍後はあまり目立った活躍が出来て居なかったグランダーソンをLADが獲得。内野に比べ選手層にやや薄さがある(内野手と兼任選手が守るケースの多い)外野の選手層UPに寄与できるか如何か。

8/15
クリス・ハッチャー投手(ドジャース)
 ↑↓
後日検討(アスレティックス)

8/13
タイラー・クリッパード投手(ホワイトソックス)
 ↑↓
後日発表選手(アストロズ)
NYYから移籍したクリッパードが、HOUへ移籍。HOUとすればNYYでの6月で大きく打ち込まれたとは言え、地区優勝へ向け、名うてのリリーフの獲得となった。

8/12
ニール・ウォーカー二塁手(メッツ)
 ↑↓
後日発表選手(ブリュワーズ)
CHCを追うMILがNYMより一発のある二塁手のウォーカーを獲得。

8/9
ジェイ・ブルース外野手(メッツ)
 ↑↓
mランディ・ライアン投手(インディアンス)
兼ねてより移籍の噂が絶えなかったブルースがフラッグディールを過ぎたこの時点での移籍となった。2年連続の地区優勝と昨年、あと1勝で逃したWS制覇に向け、エンカーナシオンを迎えながらもやや迫力に欠ける打線の起爆剤としてCLEへ。現状見れば大成功と言っていいでしょう。

8/6
ヨンダー・アロンソ一塁手(アスレティックス)
 ↑↓
ブーク・パウエル外野手(マリナーズ)
一塁プラトーンの片割がはっきりと存在しなかったSEAがOAKで今季移籍途中まで22発と30歳にして漸く長打が開花したかに見えたアロンソを獲得。ただ、案の定SEA移籍後は長打は其処まで見れてはいない。それでも率はOKAよりも残せてはいるので、まずまずでは無かろうかと。

8/5
ショーン・ロドリゲス内野手兼外野手(ブレーブス)
 ↑↓
mコナー・ショー三塁手(パイレーツ)
10か月で出戻り。開幕前の故障が痛かった。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村
posted by 明日、いかりや。 | 20:00 | MLB | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 20:00 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ikariyayakyuu.jugem.jp/trackback/450
トラックバック