CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Twitter
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
災害地支援リンク
随時災害地に併せ募金先をリンクします 随時災害地に併せ募金先をリンクします かせするもん。 by 支援P
Search this site


ストーブリーグとフラッグディール以外、稼動しない偏ったBlogですよ(・∀・)
<< 移籍情報(15/12/01−09)(2) | TOP | 移籍情報(15/12/10-12/16)(2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
移籍情報(15/12/10-12/16)(1)
トレード移籍

12/16
ドット・フレイジアー三塁手(レッズ→ホワイトソックス)
 ↑↓
フランキー・モンタス投手、マイカー・ジョンソン二塁手、トレイス・トンプソン外野手(ホワイトソックス→ドジャース)
 ↑↓
ホセ・ペラザ内野手、スコット・シェブラー外野手、mブランドン・ディクソン内野手兼外野手(ドジャース→レッズ)
CWSがCIN、LADを巻き込んでの三角トレードで、強打の3塁手フレイジアーを獲得。先に同じく3塁のラウリーを獲得したばかりで守備位置は被るが、ベテランのラローシュが今季不調であり、ラローシュ放出後、何方かが1塁に回る、若しくはDHに回る算段があるのかも知れない。
フレイジアーを放出したCINはLADから元々はATLのプロスペクトで今季デビューを果たし21歳のペラザに此方も今季デビューの左の大砲候補ジェブラー、プロ3年目でマイナー2球団合計19本塁打26盗塁のディクソン(同姓だが、オリの投手では有りません、悪しからず)を獲得。ペラザやジェプラーは既にその際の片りんをシーズン中に見せており、期待したい。
若手3人を放出したLADは同じく若手3選手をCWSから獲得。今季メジャーデビューを果たした22歳のモンタス、此方も今期メジャーデビュー、AAAで打率.315、メジャーと合計で31盗塁と足もある24歳のジョンソン、今期44試合で打率.295、5本塁打と成績を残している24歳のトンプソンを獲得、放出した3人の若手より「より即戦力」に近い若手を獲得し、戦力に厚みを与えている。

12/12
チャーリー・モートン投手(パイレーツ)
 ↑↓
mデービット・ホワイトヘッド投手(フィリーズ)
弱小期のPIT先発を故障を抱えながら支えたモートンが、弱小になってしまったPHIへ移籍。時折圧巻のピッチングを見せるのだが、何にしても故障が多い。

ケン・ジャイルズ投手、mジョナサン・アラウス遊撃手(フィリーズ)
 ↑↓
mマーク・アペル投手、ビンセント・ベラスケス投手、ブレッド・オバーフォルツァー投手、mトーマス・エシェルマン投手、mハロルド・アラウス投手(アストロズ)
成績を上げているとは言え、実績が今年と去年しかないリリーフのジャイルズに此処まで出す意味は果たして何処にあったのか。13年のドラフト全体1位のアペルに今季デビューの剛腕ベラスケス、13年デビュー時にはシーズン後半の先発を支えたオバーフォルツァー、更に若手でも有望株の側に入るエシェルマンとアラウスまで放出して、ジャイルズがこけた時のダメージは計り知れないと思う。救援投手にはそのリスクが先発よりも遥かに大きい筈なのだが。

12/11
クリスチャン・ベサンコート捕手(ブレーブス)
 ↑↓
ケーシー・ケリー投手、mリカルド・ロドリゲス捕手(パドレス)
ATLがアッサリ新人有望捕手に見切りをつけた恰好だ。若い先発と若い捕手を同時に育てるのには無理があると考えたのも知れません。確かに、選択肢としては有りだとは思いますが。交換相手は未だ未だ未知数の17歳の捕手と、全く伸びてこないマルチプレーヤーと言われ続ける元D1位のケリー。ケリーはもうここまで来たら投手だと思うのだが、果たして大化けできるか否か。

12/10
ユネル・エスコバー内野手+金銭(ナショナルズ)
 ↑↓
トレバー・ゴット投手、mマイケル・ブレンディ投手(エンジェルス)
3塁にコンバートされ、周囲も思わぬ好打をみせたエスコバーが正三塁手フリースと契約延長しなかったLAAへ移籍。2年前まで遊撃で見せて居た好守が影を潜めているのは気がかりだが、今シーズンみせた好打が本物なら、主力選手の前後を打つ選手としては恰好の打者となる。
WSHはリリーフのゴット+αを獲得しているが、レンドンやジマーマンが故障から復帰して来れば守備位置が無くなるだけに、今のタイミングでの放出となった感か。
posted by ikariya | 21:47 | MLB | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 21:47 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ikariyayakyuu.jugem.jp/trackback/274
トラックバック