CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Twitter
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
東北復興支援リンク
旅*東北 ? 東北観光ポータル 「つながる東北」復興支援ネットショップ Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
Search this site


ストーブリーグとフラッグディール以外、稼動しない偏ったBlogですよ(・∀・)
<< 移籍情報(09/12/11〜18)其の2 | TOP | 移籍情報(09/12/28〜30) >>
移籍情報(09/12/21〜26)
トレード移籍
12/23
※ブランドン・モロー投手(マリナーズ)
  ↑↓
※ブランドン・リーグ投手、m Johermyn・チャベス外野手(ブルージェイス)
シアトルが今度は06年ドラフト1位モローを放出。コレで05〜07年のD1が全員放出された格好となってしまった。
昨年の成績だけを見るとリーグ、モローとも似たり寄ったりだが、延び代はモローの方にある。トロントへの移籍で起用法が安定してすれば大化けも期待できるがどうなるか。
マリナーズとしては先発・リリーフ共にコマが揃って来ており、去年と同様の起用法ならそれがモローであれリーグであれ大差は無いと言う事か。寧ろオマケで取った若いチャベスが気になる所。1Aの成績を見る限り打撃が売りの選手だが、09年で其の目利き振りを遺憾なく発揮したズレンシックGMだけに、果たして如何言う計算が有ったのか。

12/22
※ハビアー・バスケス投手、ブーン・ローガン投手(ブレーブス)
  ↑↓
※マイケル・ダン投手、mアンディ・ビスカイーノ投手、メルキー・カブレラ外野手(ヤンキース)
LCS、WSを中3日で回さなければ成らないほど4番手以降に窮していたヤンキースが、伸び悩むM・カブレラにMLBデビューを果したダン、更にチーム2位のプロスペクト、ビスカイーノの若手2投手をつけてブレーブスに放出し、バスケスを03年以来呼び戻した。平均防御率を見れば09シーズンの出来すぎ感は否めないが、デビュー以来大きな故障知らずの鉄腕の再加入は、先発陣にバーネットやペティットを抱える事を考えれば大きいだろう。何より、コレで4番手迄固まった。また。コーク放出で空いた左の実績のリリーフに殆ど経験の無いダンではなく、ローガンを宛がう事が出来るのも大きい。
ブレーブスとしてはハドソンが復帰して先発陣に余裕が出来た事と年俸削減を鑑みての事だろが、A・ジョーンズが抜けて以降、いまいち固定できない中堅手の候補として、まだ若い(25歳)カブレラを獲得できたのは良いことではなかろうか。

FA移籍
12/26
※エディー・ガダード投手(レンジャース→ナショナルズ)
都落ちの感は否めないが、昨年は投手陣がほぼ完全に崩壊したナショナルズとしてはロートルでも実績のある中継ぎが欲しい所なんでしょう。

12/24
※フェルナンド・ロドニー投手(タイガース→エンジェルス)
タイガースの抑えとして37Sを上げたロニーをセーブ王・フェンテスが居るエンジェルスが獲得。フェンテスの不安定さを鑑みてのセットアップとしての補強だろう。抑えで起用すると安定感の無さはフェンテスと似たり寄ったり。

12/23
※ニック・ジョンソン一塁手(マーリンズ→ヤンキース)
ハビアー・バスケスのトレード相手として放出されたジョンソンが久々のヤンクス復帰。故障さえ無ければ、ヤンキースタジアムのバイアスもかかってソコソコ成績は残しそう。そう、故障さえ無ければ(w)。とは言え、DH専任で考えれば松井よりもコストパフォーマンスが良いのには違いない。

※ココ・クリスプ外野手(ロイヤルズ→アスレティックス)
マネーボーラーでは無いですが、俊足好守で鳴らすクリスプがFAでオークランドに移籍。此処数年は不振や故障で「準レギュラー」クラスだが、フル出場できればソコソコの成績は収めそう。

※ブライアン・アンダーソン外野手(レッドソックス→ロイヤルズ)
嘗てはWソックス期待の「5ツールプレイヤー」のプロスペクトと言われたアンダーソンも流れ流れてロイヤルズ入り。ロイヤルズ期待の若手であるマイヤーと外野の残り1枠を争うか?

12/22
※ジェイソン・マーキー投手(ロッキーズ→ナショナルズ)
昨年15勝で200イニングを投げぬいたマーキーが投手陣壊滅のナショナルズへ移籍。ラナン以外、誰一人シーズンを通して投げ抜いていない先発陣を考えれば有難い存在だが、マーキーが一番得意な球場がクワーズフィールドだったりするので、昨年の成績を額面通りに受け止めて良いかどうかは?である。
昔ほど極端な「打者天国」とは成っていないですしね>クワーズフィールド

※ダレン・オリバー投手(エンジェルス→レンジャース)
此処数年エンジェルスの「左の万能中継ぎ」としてチームを支えてきた来期40歳のオリバーが久々の古巣復帰。投手陣に光明が見えてきたレンジャースだけに、良い活力に成れば良いが。

※マイク・リベラ捕手(ブリュワーズ→ヤンキース)
FAで抜けたモリーナの代わりというよりは、有望株サーベリの当て馬と言った方が良さそう。ブリュワーズではケンドールの控えだったが、リード、肩、守備ではモリーナに劣るだけに然程の期待は出来ない。まぁサーベリもモンテーロの当て馬つー話も有りますがw

※ギャレット・アトキンス三塁手
長年三塁のレギュラーだったモーラの代役として、昨年は不振に沈んだものの08年まで4シーズン連続89打点以上(内06、07年は100打点以上)、3シーズン連続20本塁打以上という強打者・アトキンスを獲得。打者有利のカムデンヤーズで復調なら主軸を打てる打者になる。

12/21
※ソール・リベラ投手(ナショナルズ→インディアンス)
昨年は不振だったが08年までは3年連続防御率3点台だった、リリーバー・リベラがインディアンスへ移籍。復調なら中継ぎ陣の軸に成り得るが、不振なら開幕まで持つかどうかも判らない。
posted by 明日、いかりや。 | 20:46 | MLB | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 20:46 | - | - | - |
コメント
ATLは今年、マクロースをシーズン中にトレードで獲得したので、中堅手はマクロースで固定されています。
カブレラは、ヘイワードが出てくるまでの繋ぎと、外野のユーティリティという役割を担うと思われます。
2009/12/29 01:05 by ATLオタ
>ATLオタさま
ご指摘有難う御座います。そうそう、マクラウスの存在をすっかり忘れて居りましたよ。ちゃんとブラックディールの時に書いてある筈なのに(´゚∀゚`;)
覚書に成ってませんね、いやはや。
ヘイワードは上に上がるのには後少し掛かりそうですから其の繋ぎでしょうね。

シアトルみたいに「アクリー、二塁で使ってみようか」とか言わないで欲しいお。
2010/01/02 21:58 by いかりや@管理人
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ikariyayakyuu.jugem.jp/trackback/190
トラックバック