CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
Twitter
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
災害地支援リンク
随時災害地に併せ募金先をリンクします 随時災害地に併せ募金先をリンクします かせするもん。 by 支援P
Search this site


ストーブリーグとフラッグディール以外、稼動しない偏ったBlogですよ(・∀・)
<< 移籍情報(09/11/3〜11/19) | TOP | 移籍情報(09/11/23〜11/26) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
移籍情報(09/11/9〜11/27)
一寸、長くなりそうなんで、今回はNPBとMLBを別々に書こうかと。先ずはNPB、横浜が積極的に動いている。

FA移籍
11/27
※橋本将捕手(千葉ロッテ→横浜)
昨シーズンFAで相川が抜けた事が、今年の惨憺たる成績に繋がっただけに、是が非でも欲しい選手では有っただろう。扇の要が確りしない限り上位進出もありえない。リードもまずまずで、何よりパンチ力のある打撃は魅力。

11/13
※城島健司捕手(マリナーズ→阪神)
MLBでは08年09年と不調とは言え、日本人選手としては別格の長打力とメジャーですらTOPクラスの強肩を誇る、日本を代表する捕手がNPBでの復帰先を阪神に決めた。移籍後不振気味の新井や来シーズンで42歳になる金本を鑑みれば打線の中核を担える存在としての期待は大きい。ただ、09シーズンだけを見れば確かに不安定であったとは言え、長く正捕手を担える可能性のある狩野を外野にコンバートしてまで取るべきだったかは、更に数年後を見なければならないだろう。

トレード
11/27
※坂元弥太郎投手、松山傑投手、稲田直人内野手(北海道日本ハム)
  ↑↓
※加藤武治投手、松家卓弘投手、関口雄大外野手(横浜)
ある程度先発経験のある投手が欲しい先発コマ不足の横浜と、リリーフを強化したい日本ハムのトレードと思われる。横浜としては、リリーフも出来るが先発経験もある坂元に加え、ムードメーカーでガッツのある稲田を獲得。日本ハムはセットアップマンとして実績のある加藤に順調に成長し奪三振率も高い東大生・松家を獲得。やや、横浜有利に思われるトレードだが、加藤の再生と松家の成長は可能性としては結構「ある」と思うんで、そのあたりで評価が変わりそう。

11/9
※清水直行投手(千葉ロッテ)
  ↑↓
※那須野巧投手、斉藤俊雄外野手(横浜)
先発の頭数だけは多い千葉ロッテとすれば、億単位の年俸と少なくとも09シーズンに関しては見合った活躍の出来なかった清水を整理し、年報面で安く済み、リリーフを強化できる那須野に+斉藤を獲得した格好か。とは言え「エース」の称号を背負い、精神的支柱でもあった清水の放出は投手陣に響く可能性は否めない。横浜としてはほぼ三浦一本だった投手陣に清水が加わったのは大きい。

戦力外からの移籍
11/27
※木田優夫投手(東京ヤクルト→北海道日本ハム)
リリーフ強化を図る日本ハムが木田を獲得。経験は豊富だがそろそろ限界も近い。

11/24
※川越英隆投手(オリックス→千葉ロッテ)
ストレートの走りや切れだけを見れば下記する同い年の薮田よりも戦える感が有るのだが。

11/23
※薮田安彦投手(ロイヤルズ→千葉ロッテ)
ロイヤルズでは殆ど役に立たなかった薮田がロッテに復帰。リリーフ陣はシコースキーの退団もあって手薄なだけに補強としては拙くないが、そろそろ衰えも出てきているだけに不安も残る。

11/14
※工藤公康(横浜→西武)
16年ぶりの西武復帰となった工藤。中継ぎ崩壊がBクラスに沈んだ原因だったが、幾ら中継ぎ適正も見せたとは言え工藤の入団だけでは如何しようも無い気もする。ただ、工藤という投手が回りに与える影響は大きいだけに、若手の成長促進には一役買いそうかも知れない。
posted by ikariya | 19:24 | NPB | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 19:24 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ikariyayakyuu.jugem.jp/trackback/181
トラックバック